JCB THE CLASS

JCB THE CLASS入会基準

 

JCB THE CLASS、JCBの中で最上位カードであり、尚且つ日本を代表するステータスカードとなりますので、JCB THE CLASSは審査が非常に厳しく、厳格な審査基準のクレジットカードです。

 

また、JCB THE CLASSは、招待制のクレジットカードとなりますので、ある一定の基準を満足した方のみJCBからインビテーションが送付されて、初めて取得する権利が得られるクレジットカードなのです。

 

THE CLASS入会基準

では、JCB THE CLASSの入会基準とは?

 

これからJCB THE CLASSを目指している方にはとても気になるところですね。

 

但し、実施にはJCBよりその基準は開示されていませんので明確な情報はありませんが、私も含めJCB THE CLASSフォルダーの方々の情報を包括するとある程度条件が見えてきます。

 

ここではその条件をまとめてみたいと思います。

JCB THE CLASSの審査は本当に厳しい?

JCBは国内発の国際ブランドで、クレジットカード発行会社でもあり、JCBが発行するカードは審査が厳し目である事は業界では有名です。

 

なぜ厳しいかと言うとプロパーカードという扱いになるからです。

 

「楽天カード(JCBブランド)はすぐに審査が通ったけどな・・・」

 

このように思った方がいらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

しかしこれはJCBカードではなく「JCBを国際ブランドに使用している楽天カード」になりますので、審査をしているのは楽天です。

 

楽天カードのようなクレジットカードの事を提携カードといいます。提携カードの逆がプロパーカードで審査が厳しくなる傾向にあります。

 

理由は自社で顧客管理をする事になるので、下手なお客を審査に通してしまって取りっぱぐれてしまったら大変だからです。提携カードに国際ブランド機能を貸して手数料を稼ぐよりグッとリスクが高くなるので慎重になるんですね。

 

これがプロパーカードの審査が厳しくなる理由です。

 

それに加えてJCB THE CLASSはそのプロパーカードの中の最上位カードのなりますのでかなり厳しいのは想像できますね。

 

では、いったいどんな入会基準でどのくらい難しいのかを次から説明したいと思います。

JCB入会歴は最低3年以上!

昔はJCBの入会歴が3年以上と言われていましたが、これに関しては現在でも昔と変わらず3年以上は必要だと考えて良いですね。

 

なぜなら信用を得るには十分な利用実績が3年分くらいは必要ですからね。3年続いていれば安定していると考える事が出来ますので、現在でも3年以上だと思って間違いないですね。

JCBプロパーゴールドカード保有は必須!

JCB THE CLASSはJCBからの招待(インビテーション)からしか入会ができないのはご説明したと思いますが、そのインビテーションが来るにはJCBプラチナカードもしくはJCBゴールドカードからが基本のようです。

 

実際私もJCBゴールドカードを数年保有していたある日突然インビテーションが届きました。

 

他サイトでは一部提携ゴールドカード保有者にもインビテーションが届いたとの情報もありますが、ほとんどはJCBプラチナカードかJCBゴールドカードのようです。

 

よって、まずはこのどちらかのカードを保有するのが近道になります。

 

JCB THE CLASSを目指している方は迷わずどちらかのカードを申し込みましょう!

年間利用額は300万円以上が目安!

審査基準を満たす年間利用額は300万円以上が目安だと考えられます。

 

その理由は、JCBカードには年間利用額に応じてメンバーランクが付けられる制度があるのですが、最高ランクの「ロイヤルαプラス」になる条件が年間300万円以上だからです。

 

JCB THE CLASSはJCBプロパーカードの頂点JM!に立つカードなので、メンバーランクも最高ランクである事が求められると考えられるのが妥当ですよね。

年収は700万円が目安!

審査基準を考える時に年収を気にする人が多いですが、年収に関しては関係あるようで実はあまり関係がないようです。

 

JCB THE CLASSのようなインビテーション制のカードは、JCBへの貢献度が高い方に上質なサービスを提供するために発行しているのが目的なので、重視されるのは年収よりも利用実績です。

 

年収よりも利用実績が重視されるんです!

 

年収よりも利用実績が大事という事ですが、年間利用額の目安は結局のところ十分な利用実績を作るにはそれなりに高い年収が無ければ無理です。

 

年間利用額の目安が300万円以上となっているので、もし年収300万円しかない人であればまず不可能ですよね。

 

つまり「年収がいくら以上必要」というより、年間300万円以上の利用額を支払えるだけの年収があれば良いという事です。

 

年間300万円の決済が可能な年収は、ざっくり年収700〜800万円(税込み年収)が妥当だと考えられますね。

 

それとJCB THE CLASSは年会費54000円(税込)なので、それを高いと思わずに余裕で払えなければなりませんし、JCB THE CLASSの多彩な特典(プライオリティパスや高級ホテル宿泊など)を使いこなす事が出来るくらいの年収がなければそもそもカードを持つ意味が無いとも言えますので、やはり700万円以上は欲しいところです。

 

ちなみに審査では正確な年収を調べられる事がないので、本当にそこまで気にされていないですよ!

職業は安定している事が重要!

職業が何かというよりも勤続年数の方が重要です。なぜなら審査において職業に求められる事は安定しているかどうかだからです。

 

社長であれば会社が長く続いている事や、サラリーマンであれば大企業に勤めていたり、公務員というのはプラス要素になりますし、他にも勤続年数が長ければ長いほど安定している事になるので理想的です。

 

職業自体は年収と同じで、十分な利用実績を作れるならどんな職業でも問題ありません。

 

ただし年間300万円以上のカード利用額を払えるとなると、おのずと高年収になりやすい職業と決まってきますよね。

突撃は廃止されてしまった!

JCB THE CLASSを入手するには正規のルートでJCBよりインビテーションを受け取る以外にも有名な取得方法として「突撃」があります。

 

一昔前は突撃が成功する事もありましたが、現在は突撃が多くなり過ぎたためか、廃止となってしまいました。

 

THE CLASS突撃

現在は突撃をしても可能性はゼロです!

 

やめましょう

 

下手をすると逆効果になりかねませんので。。。

 

<突撃とは?>
突撃とはインビテーションが来てないのに自分から電話をしてインビテーションを請求する事です。

 

インビテーションが来ていない時点で審査基準を満たしていない事になるので基本は審査落ちとなる為、玉砕覚悟という意味も込めて「突撃」と言われています。

まとめ

JCB THE CLASSを作るにはインビテーションを受ける必要がありますが、一定の審査に通過する必要があります。

 

しかし審査通過基準は公表されていませんので、実績や口コミなどから予想するしかないので、正確な情報はわかりません。

 

下記が当サイトでJCB THE CLASSフォルダーでもある私の経験と調査結果をまとめた入会基準になりますのご参考にしてみて下さい。

 

<審査基準予想>

JCBカード歴が3年以上
JCBプロパーゴールドカードもしくはプラチナカード保有者
年間300万円以上の利用実績
年収は700万円以上(これくらい無いと利用額を達成できないという意味で)
収入が安定した職業職業で勤続年数が長ければ長い程よい