JCB THE CLASS

クレジットカード生活を成功させるポイント

ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶ

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%程度だが、中にはその2〜4倍もの高還元クレジットカードも多数存在するんです!

 

年会費無料のカードにすぐに飛びつくのではなく、きちんと還元率や付帯サービスを比較した上で決めた方が長めでみればお得になりますね

 

例えば1年間で100万円クレジットカードで支払いをしたとすると。。。

年間カード

支払額

還元率

還元額(A)

年会費(B)

差し引き

(A) - (B)

100万円 0.5% 5000円 0円(無料) 5000円
100万円 1.0% 10000円 3000円 7000円

還元率1.0%で年会費3000円払っても年会費無料(還元率0.5%)カードより2000円も更にお得になっちゃうんです!

 

還元率、年会費、付帯サービスなど総合的に判断しないと損しちゃいますよね!

 

高還元率カードいくつかご紹介します

クレジットカードは2〜3枚に集中して使う

最もよく使うサービス関連のクレジットカードと汎用で1.0%以上の還元率のクレジットカードの2枚(3枚)持ちがベスト!

プロパーカード
サンプルサイト

JCBのプロパーカードはJCBオリジナルシリーズと呼ばれ、様々な特典が付帯します。例えばJCBはディズニーリゾートとの提携に力を入れており、他のカード発行会社から発行されているカードではあり得ないようなディズニー関連のサービスを取り扱っていますので、ディズニー好きの方には絶対におすすめです!≫詳細ページ

プラチナカード
サンプルサイト

ゴールドカードを超えるステータスカード「プラチナカード」一覧です。社会的信用と経済力の両面を兼ね備えた、本当に選ばれた人しか持てない至極のカードです。申込者に求められる条件は非常に厳しいので、ご検討の方は各カードの申込条件を良くご確認ください。≫詳細ページ

ゴールドカード
サンプルサイト

JCBゴールドは、JCB自身が自社発行するいわゆる「プロパーカード」のゴールドカードになりJCBオリジナルシリーズの上級カードとして位置づけられています。

デキの良い人気カードでもあるJCB一般カードをベースに、各種の利益やサービス(=ベネフィット)を贅沢に上乗せした設定になっています。≫詳細ページ

年会費無料カード
サンプルサイト

年会費が無料で利用できるクレジットカードの中でも、ポイント還元率や有効期限、優待特典なども考慮して、お得に使えるカードを厳選して紹介します。≫詳細ページ

高還元率カード
サンプルサイト

せっかくクレジットカードを利用するのなら、やっぱりポイント還元率の高いカードの方が良いですよね!数あるクレジットカードの中から、非常に高還元率でお得なクレジットカードを紹介します。≫詳細ページ

旅行保険付きカード
サンプルサイト

海外旅行に行くとき、旅行会社に勧められるまま保険に加入したり、短期の旅行だから加入しない、なんてことはありませんか?クレジットカードを賢く使えば同等の補償が受けられるんです。しかも無料で、わざわざ加入する手間なしで!カードの海外旅行傷害保険について徹底的に比較調査した結果をわかりやすくご紹介します。≫詳細ページ

即日スピード発行カード
サンプルサイト

最短即日発行(即日〜1営業日以内にスピード発行)可能なカード一覧です。急な海外出張や旅行などで一刻も早くカードが必要な方に。万が一を考え、念のため、1枚だけでなく2枚以上お申込みしておくことをオススメします。≫詳細ページ

電子マネーチャージカード
サンプルサイト

サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。

百貨店カード
サンプルサイト

百貨店の発行しているクレジットカードは、カードを持っている会員のみに特別な割引などを適用したりポイントが高還元率だったりと特典が充実しておりかなりお得なカードが存在します。そのカードをご紹介します。≫詳細ページ

コンビニ/スーパー
サンプルサイト

コンビニやスーパーでお得な特典つきのクレジットカードがあるんです。近くのいつも決まったコンビニやスーパーで買い物をするという方は支払い時に使ったり、提示する事でお得な特典があるクレジットカードを活用することをおすすめし。

≫詳細ページ

ネット通販カード
サンプルサイト

今やネットショッピングに欠かせない存在のクレジットカード。

クレジットカードなら支払の手数料もなく商品発送までがスムーズだから年末年始のショッピングにも大活躍!カード発行会社運営のショッピングモールを経由すればポイントUPでどんどん貯まる!そんなカードをご紹介します。≫詳細ページ

公共料金
サンプルサイト

毎月生活していく中で、電気、ガス、水道、固定&携帯電話、NHKなどの放送料金等の公共料金の支払い発生します。ここでは公共料金の支払い時にポイントゆ割引などの還元付きのお得なクレジットカードをご紹介致します。≫詳細ページ

交通系/マイル・空港
サンプルサイト

マイルを貯めることができるのもクレジットカードの特徴の一つです。マイルの付与率や年会費という側面だけでなく、利用できる対象航空会社の多さやマイルの使用方法なども考慮して総合的にランキングしました。≫詳細ページ

交通系/鉄道
サンプルサイト

サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。

交通系/ガソリン・自動車
サンプルサイト

サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。

トラベル
サンプルサイト

サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。

女性向け
サンプルサイト

女子学生向きのクレジットカード一覧です。学生用クレジットカードの機能・特典に加え、女性ならではの特典が付帯しています。デザインで選ぶもよし、特典で選ぶもよし、アナタらしいカードを見つけてください。≫詳細ページ

学生向け
サンプルサイト

学生向けもしくは学生専用のカードは、一般カードに比べ発行されやすいので大変人気がありカード会社も積極的なサービスを展開しています。収入に合わせて利用限度額は低く抑えられますが、特典、サービスは一般カードと同等ですので学生さんはご検討してみては如何でしょうか?≫詳細ページ

法人向け
サンプルサイト

法人を設立したら、法人用のクレジットカードの作成が検討課題となりますね。また、個人事業を開始したら経費処理用のビジネスカードを持った方が経理処理が簡便になります。経費処理を現金で行い、会計ソフトに手打ちしたり、レシートをアプリで読み取って修正したりするのは手間が発生して面倒です。経費の経理処理といった余計な手間は少しでも削減して、本業に集中したいのが人情です。それに大きく役立つのが法人カード、ビジネスカードです。≫詳細ページ

          

可能なものは全てクレジットカード支払いにする

 

 

カード支払い可能なものの例

食費・雑貨等

家族構成にもよると思いますが毎月4万円以上は食費・雑貨で出費があるのではないでしょうか?
これで年間50万円以上のポイントですね。
いまではチェーン店型スーパーやコンビニのほとんどでカード支払い可能になっており
面倒なサインも不要なところも増えてきています。

 

新聞代

現時点で主要新聞社のほとんどはクレジットカード支払いが可能になっております。
これで年間4〜5万円分のポイントになります。

 

電気代

主要電力会社はほぼ全てクレジットカード支払いが可能になっております。

 

但し、注意しなければいけない場合もあります

 

例えば、東京電力の場合口座引き落しだと54円/月割引がありますので毎月小額の支払いの方は口座引き落しのほうがお得の場合もあります

 

ポイント還元率0.5%だと電気代の支払い11000円で55ポイントですから、毎月の平均支払いが11000円以上の方はクレジットカード支払い、11000円以下の方は口座引き落しが得になります。

 

携帯電話代

ガソリン代

水道代

医療費

税金

交通機関

家賃

NHK受信料

社会保険料

家賃

家賃

一括払いのみにする

クレジットカードで得をするために気をつけなければいけないのは”リボルビング支払い”や”分割支払い”です。

 

せっかくポイント還元を目的に使っても利息を発生させたのでは意味がありませんね。

 

私もクレジットカード生活を15年ほど行っていますが今までリボルビング支払いや分割は一回も使用していません。

 

商品を購入した際、その瞬間は手元から現金が減らないので錯覚して余計に使ってしまい、口座引き落し額の連絡がカード会社からきた時に支払い能力を超えている事に気付き急いでリボルビング支払いに切り替えたりする事がないようきちんと管理しましょう。

家族カードで支払いカードを集中させる

家族カードとは、クレジットカード本会員(契約書本人)の家族向けに発行できるカードのことです。
家族カードをつくると色々なメリットがあります

ポイントが集中的に集められる

家族カードの支払いは本会員(契約書本人)と同口座で一括請求にになりますのでポイントも一括で集中的に貯められちゃうんです。

 

年会費が節約になる

家族カードの年会費の多くは、無料もしくは格安で作れる事が多いです。
よって、家族で同じカードを持つのであれば家族カードを作ることで、年会費を節約できちゃうんです。

 

本会員のクレジットカードとほぼ同じサービス等を受けることができる

海外旅行保険やロードサービスなどクレジットカードの付帯サービスが家族カードにも適用される事が多いです。
但し、適用されないカードもありますので申し込みの際にはチェックが必要ですね。

 

利用明細書が1枚にまとめられる

利用明細書が1枚にまとまるので、家計の管理がしやすくなります。
また、誰がどのくらいカードを使って買い物をしているのかも簡単に把握することも可能です。

 

家族カードはほぼ無審査で作ることが可能

家族カードを作る際、審査の対象になるのは、本会員のクレジットカード所有者になります。
つまり、実際の家族カードの持ち主は、ほぼ無審査で家族カードを作ることができちゃうんです。
学生や専業主婦の方はもちろん無職の方など、普通だったら審査が難しい方でもクレジットカードを保有出来ちゃうんです。