JCB THE CLASS

クレジットカード生活を成功させるポイント

ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶ

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%程度だが、中にはその2〜4倍もの高還元クレジットカードも多数存在するんです!

 

年会費無料のカードにすぐに飛びつくのではなく、きちんと還元率や付帯サービスを比較した上で決めた方が長めでみればお得になりますね

 

例えば1年間で100万円クレジットカードで支払いをしたとすると。。。

年間カード

支払額

還元率

還元額(A)

年会費(B)

差し引き

(A) - (B)

100万円 0.5% 5000円 0円(無料) 5000円
100万円 1.0% 10000円 3000円 7000円

還元率1.0%で年会費3000円払っても年会費無料(還元率0.5%)カードより2000円も更にお得になっちゃうんです!

 

還元率、年会費、付帯サービスなど総合的に判断しないと損しちゃいますよね!

 

高還元率カードいくつかご紹介します

クレジットカードは2〜3枚持ちがベスト

クレジットカードを所有するのなら、プロパーカードと提携カードをそれぞれ1枚ずつ持つのがおすすめです。

 

プロパーカードと提携カードとではそれぞれのセールスポイントが明確に異なるため、2〜3枚持ちすることで両方のメリットが得られるからです。

 

例えば、プロパーカードは国内外旅行傷害保険や不正利用保険などの各種保険サービス、海外アシスタントサービス、家族カードやETCカードなどの追加カードの発行といった付帯サービスが充実しています。

 

一方、提携カードのメリットは自社商品の割引やポイント還元率の高さという、提携する企業のサービスに特化した特典を受けられるという点でしょう。

 

クレジットカードを2〜3枚持ちすることで、基本付帯サービスをプロパーカード、ライフスタイル合ったサービスを受けられるカードは提携カードにするのがベストになります。

 

JCB THE CLASS保有を考えているのでしたら1枚はJCBゴールドカード or JCBプラチナカードになります。

 

自分のライフスタイルにあった提携カードでおススメをそれぞれご紹介したいと思います。

交通系/航空
サンプルサイト

マイルを貯めることができるのもクレジットカードの特徴の一つです。マイルの付与率や年会費という側面だけでなく総合的にみておすすめのクレジットカードをご紹介します。 ≫詳細ページ

交通系/鉄道
サンプルサイト

通勤、通学で電車を使われている方が多いと思います。毎月高額な交通費をクレジットカード支払いにしてポイントを稼がないともったいないですよね。各鉄道会社から発行されているおすすめのクレジットカードをご紹介します。 ≫詳細ページ

交通系/ガソリン・自動車
サンプルサイト

給油代金の値引きやロードサービスなどドライバー向けサービスが付帯しているクレジットカードも多く存在します。通勤や仕事で車をよく使われる方は入会すれば色々お得になりますのでおススメをいくつかご紹介します。 ≫詳細ページ

ネット通販系
サンプルサイト

今やネット通販に欠かせない存在のクレジットカード。支払の手数料もなく商品発送までがスムーズでネットショッピングに大活躍!サイト運営会社の発行するカードを発行すればポイントUPでどんどん貯まる!そんなカードをご紹介します。 ≫詳細ページ

百貨店/家電量販店
サンプルサイト

百貨店の発行しているクレジットカードは、カードを持っている会員のみに特別な割引などを適用したりポイントが高還元率だったりと特典が充実しておりかなりお得なカードが存在します。そのカードをご紹介します。 ≫詳細ページ

コンビニ/スーパー
サンプルサイト

いつも決まったコンビニやスーパーで買い物をするという方は支払い時に使ったり、提示する事でお得な特典があるクレジットカードを活用することをおすすめします。 ≫詳細ページ

年会費無料カード
サンプルサイト

年会費無料のクレジットカードだとサービスが悪いのでは?と、心配な方もいるかもしれませんが、年会費が無料でも、ポイント還元率が高かったり、お得なサービスが受けられるクレジットカードはたくさんありますのでおすすめをご紹介します。 ≫詳細ページ

高還元率カード
サンプルサイト

せっかくクレジットカードを利用するのなら、やっぱりポイント還元率の高いカードの方が良いですよね!数あるクレジットカードの中から、高還元率が高いクレジットカードをご紹介します。 ≫詳細ページ

可能なものは全てクレジットカード支払いにする

クレジットカードの恩恵を最大限に受けるのでしたら、極力カード支払いにすることです。

 

今の世の中、ほとんどの支払いがカード払いにできるんです。

 

ここでは、その一例をご紹介したいと思います。

 

特に毎月必ず支払う固定費などは金額も大きい事が多いので可能なら極力カード支払いにしたいところですね。

 

カード支払い可能なものの例

食費・雑貨等

家族構成にもよると思いますが毎月4万円以上は食費・雑貨で出費があるのではないでしょうか?
これで年間50万円以上のポイントですね。
いまではチェーン店型スーパーやコンビニのほとんどでカード支払い可能になっており
面倒なサインも不要なところも増えてきています。

 

新聞代

現時点で主要新聞社のほとんどはクレジットカード支払いが可能になっております。
これで年間4〜5万円分のポイントになります。

 

電気代

主要電力会社はほぼ全てクレジットカード支払いが可能になっております。

 

但し、注意しなければいけない場合もあります

 

例えば、東京電力の場合口座引き落しだと54円/月割引がありますので毎月小額の支払いの方は口座引き落しのほうがお得の場合もあります

 

ポイント還元率0.5%だと電気代の支払い11000円で55ポイントですから、毎月の平均支払いが11000円以上の方はクレジットカード支払い、11000円以下の方は口座引き落しが得になります。

 

携帯電話代

大手キャリアだと口座振替や、あるいは振込用紙で支払っている方もいるかもしれませんが、それは非常にもったいないです。

 

対象の携帯料金をクレジットカードで支払えば10%がポイントで還元されたり、ショッピング利用金額のポイント還元率が大幅にアップするなど、様々な恩恵を受けられる事があります。

 

また、家族分を合計するとそこそこの金額になりますのでクレジットカードのポイントもばかになりません。

 

ガソリン代

通勤や買い物といった、日常生活に欠かせない車。

 

給油の代金がお得になれば家計は大助かりですよね。

 

実は、クレジットカードの活用でガソリン代にポイントがつきお得になることをご存知ですか?

 

また、たまったポイントを現金がわりに使うこともできます。

 

それを利用しない手はありません。

 

そんな、ガソリンの支払いやポイント還元、スタンドサービスなどさまざまな点でお得になっちゃうんです。

 

水道代

水道光熱費は毎月必ずかかってくる経費ですよね。

 

口座振替や銀行振り込みにされている方が多いと思いますが、クレジットカード払いに変更するればポイントが毎月貯まってお得です。

 

しかし、水道料金はクレジットカードで支払いが出来るところとできないところがあるのでご自身のお支払いしている水道局のホームページなどで確認頂き可能な方はクレジットカード支払いにする事をおすすめします。

 

医療費

「病院や診療所でもクレジットカードは使えるの?」と疑問を持たれる方も多いと思います。

 

全国の病院や診療所でも、クレジットカードが利用できる場所が増えてきているので安心です。

 

しかし、小さな病院ではまだ対応していない場合もあるため、受診や入院をする際には、事前に「クレジットカードが利用できるか」を確認しておくと良いかもしれません。

 

さらに、病院や診療所だけではなく、薬局やドラッグストアでのお支払いにもクレジットカードが使える場所は増えてきています。

 

税金

これまで、自動車税や固定資産税、不動産取得税、個人事業税などの地方税はクレジットカード納付が導入されていましたが、2017年1月4日(水)からは納税者の利便性向上と税金の早期納付を目的として、国税もクレジットカードで納付することができるようになりました。

 

対象となるのは、納付書で納付することができる国税です。

 

以下の税金のほか、加算税・延滞税といった附帯税も納付することができます。

 

印紙を貼り付けて納付する税目などは、除外されていますので注意しましょう。

申告所得税及復興特別所得税
消費税及地方消費税
法人税
地方法人税
相続税
贈与税
源泉所得税(告知分)
申告所得税
復興特別法人税
消費税
酒税
たばこ税
石油石炭税
電源開発促進税
石油ガス税
航空機燃料税
登録免許税(告知分)
自動車重量税(告知分)
印紙税 など

 

交通機関

交通系ICカードの全国相互利用サービスにより、1枚のカードで、全国各地の電車やバスに乗車できるようになりました。

 

また、交通系ICカードのSF(カードにチャージした運賃)は、お店の支払いに使えるのですが、こちらの電子マネー部分も相互利用できるようになりましたので定期代やチャージをクレジットカードで行うのが良いと思います。

 

家賃

これまで、家賃のクレジットカード払いが普及しなかった背景には、クレジットカード決済の際に発生する手数料の問題がありました。

 

家賃をクレジットカードで支払うと、カード会社は決済手数料を差し引いた金額を不動産会社に振り込みます。

 

すると、必然的にオーナーの収入も減るため、積極的に導入しようというオーナーが少なかったのです。

 

しかし、日常のちょっとした買物から高価な家具や家電まで、さまざまな決済シーンでクレジットカードが使われるようになったことを受け、入居者の利便性向上や他物件との差別化を目的として、導入を検討するオーナーが増えました。

 

近年は、大手不動産会社をはじめとする不動産業界でもクレジットカード決済の導入が相次いでいます。

 

代表的なのは、2013年10月からクレジットカード決済を導入し、2015年10月には賃貸住宅に特化した決済サービスを提供する子会社の設立に至った大東建託株式会社。

 

そして、2014年より敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、債務保証料といった初期費用のクレジットカード決済に対応するようになった住友林業レジデンシャル株式会社です。

 

さらに、不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営する株式会社LIFULLも、HOME'Sに加盟する賃貸不動産会社向けに家賃クレジットカード決済サービスを提供しています。

 

NHK受信料

基本的にNHK受信料の割引は一切ありませんが、クレジットカードで支払った金額に対してはクレジットカードポイントが貯まります。

 

そのポイント分だけ家計の節約になります。

 

一回クレジットカード支払い設定にしてしまえばあとは放っておけばよいので便利です。

 

国民年金保険料

個人事業主や一部の会社員の方であれば支払っているであろう国民年金保険料についても、クレジットカード払いが可能です。

 

年額でいうと20万円程度になる費用なので、必ずカードで払うようにしましょう。

 

尚、国民年金保険料については2年払いといって、2年分の保険料をまとめて支払うことができるコースも用意されています。

 

お金に余裕がある方にとってはかなりお得な支払い方法になっているので、まとめてカード払いしてしまいましょう!

一括払いのみにする

クレジットカードで得をするために気をつけなければいけないのは”リボルビング支払い”や”分割支払い”です。

 

せっかくポイント還元を目的に使っても利息を発生させたのでは意味がありませんね。

 

私もクレジットカード生活を15年ほど行っていますが今までリボルビング支払いや分割は一回も使用していません。

 

商品を購入した際、その瞬間は手元から現金が減らないので錯覚して余計に使ってしまい、口座引き落し額の連絡がカード会社からきた時に支払い能力を超えている事に気付き急いでリボルビング支払いに切り替えたりする事がないようきちんと管理しましょう。

家族カードで支払いカードを集中させる

家族カードとは、クレジットカード本会員(契約書本人)の家族向けに発行できるカードのことです。
家族カードをつくると色々なメリットがあります

ポイントが集中的に集められる

家族カードの支払いは本会員(契約書本人)と同口座で一括請求にになりますのでポイントも一括で集中的に貯められちゃうんです。

 

年会費が節約になる

家族カードの年会費の多くは、無料もしくは格安で作れる事が多いです。
よって、家族で同じカードを持つのであれば家族カードを作ることで、年会費を節約できちゃうんです。

 

本会員のクレジットカードとほぼ同じサービス等を受けることができる

海外旅行保険やロードサービスなどクレジットカードの付帯サービスが家族カードにも適用される事が多いです。
但し、適用されないカードもありますので申し込みの際にはチェックが必要ですね。

 

利用明細書が1枚にまとめられる

利用明細書が1枚にまとまるので、家計の管理がしやすくなります。
また、誰がどのくらいカードを使って買い物をしているのかも簡単に把握することも可能です。

 

家族カードはほぼ無審査で作ることが可能

家族カードを作る際、審査の対象になるのは、本会員のクレジットカード所有者になります。
つまり、実際の家族カードの持ち主は、ほぼ無審査で家族カードを作ることができちゃうんです。
学生や専業主婦の方はもちろん無職の方など、普通だったら審査が難しい方でもクレジットカードを保有出来ちゃうんです。