JCB

クレジットカード生活を成功させるポイント

ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶ

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%程度だが、中にはその2〜4倍もの高還元クレジットカードも多数存在するんです!

 

年会費無料のカードにすぐに飛びつくのではなく、きちんと還元率や付帯サービスを比較した上で決めた方が長めでみればお得になりますね

 

例えば1年間で100万円クレジットカードで支払いをしたとすると。。。

年間カード

支払額

還元率

還元額(A)

年会費(B)

差し引き

(A) - (B)

100万円 0.5% 5000円 0円(無料) 5000円
100万円 1.0% 10000円 3000円 7000円

還元率1.0%で年会費3000円払っても年会費無料(還元率0.5%)カードより2000円も更にお得になっちゃうんです!

 

還元率、年会費、付帯サービスなど総合的に判断しないと損しちゃいますよね!

 

高還元率カードいくつかご紹介します

クレジットカードは2〜3枚に集中して使う

可能なものは全てクレジットカード支払いにする

 

 

カード支払い可能なものの例

食費・雑貨等

家族構成にもよると思いますが毎月4万円以上は食費・雑貨で出費があるのではないでしょうか?
これで年間50万円以上のポイントですね。
いまではチェーン店型スーパーやコンビニのほとんどでカード支払い可能になっており
面倒なサインも不要なところも増えてきています。

 

新聞代

現時点で主要新聞社のほとんどはクレジットカード支払いが可能になっております。
これで年間4〜5万円分のポイントになります。

 

電気代

主要電力会社はほぼ全てクレジットカード支払いが可能になっております。

 

但し、注意しなければいけない場合もあります

 

例えば、東京電力の場合口座引き落しだと54円/月割引がありますので毎月小額の支払いの方は口座引き落しのほうがお得の場合もあります

 

ポイント還元率0.5%だと電気代の支払い11000円で55ポイントですから、毎月の平均支払いが11000円以上の方はクレジットカード支払い、11000円以下の方は口座引き落しが得になります。

 

携帯電話代

ガソリン代

水道代

医療費

税金

交通機関

家賃

NHK受信料

社会保険料

家賃

家賃

一括払いのみにする

クレジットカードで得をするために気をつけなければいけないのは”リボルビング支払い”や”分割支払い”です。

 

せっかくポイント還元を目的に使っても利息を発生させたのでは意味がありませんね。

 

私もクレジットカード生活を15年ほど行っていますが今までリボルビング支払いや分割は一回も使用していません。

 

商品を購入した際、その瞬間は手元から現金が減らないので錯覚して余計に使ってしまい、口座引き落し額の連絡がカード会社からきた時に支払い能力を超えている事に気付き急いでリボルビング支払いに切り替えたりする事がないようきちんと管理しましょう。

家族カードで支払いカードを集中させる

家族カードとは、クレジットカード本会員(契約書本人)の家族向けに発行できるカードのことです。
家族カードをつくると色々なメリットがあります

ポイントが集中的に集められる

家族カードの支払いは本会員(契約書本人)と同口座で一括請求にになりますのでポイントも一括で集中的に貯められちゃうんです。

 

年会費が節約になる

家族カードの年会費の多くは、無料もしくは格安で作れる事が多いです。
よって、家族で同じカードを持つのであれば家族カードを作ることで、年会費を節約できちゃうんです。

 

本会員のクレジットカードとほぼ同じサービス等を受けることができる

海外旅行保険やロードサービスなどクレジットカードの付帯サービスが家族カードにも適用される事が多いです。
但し、適用されないカードもありますので申し込みの際にはチェックが必要ですね。

 

利用明細書が1枚にまとめられる

利用明細書が1枚にまとまるので、家計の管理がしやすくなります。
また、誰がどのくらいカードを使って買い物をしているのかも簡単に把握することも可能です。

 

家族カードはほぼ無審査で作ることが可能

家族カードを作る際、審査の対象になるのは、本会員のクレジットカード所有者になります。
つまり、実際の家族カードの持ち主は、ほぼ無審査で家族カードを作ることができちゃうんです。
学生や専業主婦の方はもちろん無職の方など、普通だったら審査が難しい方でもクレジットカードを保有出来ちゃうんです。

JCB Maniaカードランキング