JCB

クレジットカード 中級編

クレジットカード番号ルール

クレジットカード1枚ごとに「固有の番号」が割り当てられています。

 

あたりまえですが、発行されるクレジットカードの番号は世界に1つだけの番号なんです!

 

クレジットカード番号は14〜16の数字で構成されており、番号にルールがあるんです

 

カード番号桁数

JCB・VISA・Master :4桁、4桁、4桁、4桁(16桁)

American Express  :4桁、6桁、5桁(15桁)

Diners Club      :4桁、6桁、4桁(14桁)

 

1〜6桁

国際ブランドなどや発行会社判別で、この6桁の番号で発行カード会社がわかります。

 

正式にはBIN:銀行識別番号」または「IIN:発行者識別番号」と呼ばれているものです。

 

尚、最初の1桁目の番号で

 

0:国際ブランドではないカード

1:現在存在しない?

2:現在存在しない?

3:JCB・American Express・Diners Club

4:VISA

5:MasterCard

6:交通系カード

7:交通系カード

8:現在存在しない?

9:現在存在しない?

 

7〜最終2桁

個人特有の識別番号。

 

銀行でいう、口座番号にあたります。

 

最後の1桁

クレジットカード番号が正しいかどうかを確認するコード。

 

「チェックディジット」と言い、そのクレジットカードの番号が有効かどうかLuhnアルゴリズムで認証するとき使います。

審査項目と基準

クレジットカードを所有するには申し込みを行い、カード発行会社の審査を受けなければいけません。

 

では、カード発行会社はどんな項目を審査しているのでしょうか?

 

大きく言いますと3つの要素を重視しているようです。

 

その3つとは「安定した収入」「返済能力」「居住場所」です。

 

とくに「居住場所」を重要視しているようです。

 

理由は、返済金を支払わないで「夜逃げ」する恐れがないかを見極めています。

 

当たり前ですがカード発行会社は返済者に簡単に逃げられたらたまったもんじゃありませんからね。。。

 

では、この3つの要素をもう少し下記でご説明致します。

 

審査項目

「安定した収入」

申込書に記載されている年齢と勤務先で判断します。

 

勤務先が大企業か零細企業、若者なのか中高年なのかでおおよその人物像がイメージ出来ます。

 

「返済能力」

申込書に記載されている勤務先の規模、勤続年数、年収で判断します。

 

但し、年収は見栄張って多めに記載してもバレます。

 

カード発行会社で各企業と勤続年数での年収幅がデータベース化されていますからそこから外れた年収を記載すると虚偽申請を疑われて審査を落とされる可能性があります。

 

また、返済能力は”個人信用情報センター”も活用して判断しています。

 

”個人信用情報センター”とはカード発行会社とは別の中立機関であり銀行、クレジットカード会社、消費者金融の利用履歴が閲覧出来る機関です。

 

過去に他のカードで支払い延滞を繰り返したり消費者金融などから借り入れがあると、分かりますから審査ではマイナス要因となります。

 

クレジットカード申し込み履歴もわかりますから短期間に複数のクレジットカード申し込みは審査が不利になる事が多いようです。

 

”個人信用情報センター”は3機関あり、お金を支払えば自分の履歴を閲覧できます。

 

全国銀行個人信用情報センター
CIC
日本信用情報機構

 

「居住場所」

申込書に記載されている居住年数、住居形態、家族構成で判断します。

 

一般的に、年齢・年収は高い方が有利で、勤務先は一部上場や規模が大きい会社、公務員など公的機関の方が有利、勤続年数や居住年数は長い方が有利になります。

 

住まいは賃貸マンションや賃貸アパートより社宅や持ち家が有利で、一人暮らしよりは両親と同居している方が高評価となります。

 

社宅や持ち家ですと夜逃げはしづらいですし、両親と同居してれば支払いが滞っても最悪両親が肩代わりしてくれる事を想定しているようです。

クレジットカード利用時に出てくる3枚のレシート

クレジットカードで支払いをすると、決済端末から何枚もクレジットカード利用明細レシートが出てきてそのうちの一枚を渡されると思います。

 

全部で3枚出てくるんですがそれぞれ内訳は、以下のようになっているんです!

 

クレジットカードのレシート

 

1枚目 :カード会社保管用(サインをするレシートがこれです)
2枚目 :店舗控え用
3枚目 :利用者控え用

 

注意!
クレジットカードの利用時に発行されるレシートには、「加盟店名」「利用日時」「カード番号」「カード有効期限」「カード会社」「支払区分」などの情報が記載されておりますので通常のレシートより少し気をつけて扱った方が良いですね。

 

最近はカード番号下四桁のみの表示しかされないようになっていますが、レシートを捨てる際にはシュレッダーに掛けたり細かく破って捨てるようにしましょう

クレジットカード限度額以上の買い物をする場合の対処法

クレジットカード 初級編で利用限度額についてご説明致しましたが、その利用限度額が低いと肝心な時に使えないこともしばしば。

 

そんな時、「もっと限度額が高ければいいのに」と思うと思います。

 

ここでは、利用限度額を上げる方法を4つご紹介致します。

 

1. 利用実績を積み重ね限度額を自動的に上げてもらう。

毎月の返済を延滞なく使い続けていればカード会社から見れば優良会員ですからおのずと信用があがり利用限度額も上がっていきます。

 

その際、利用額も多い方がよりよいでしょう。

 

この方法が一番自然だと思います。

 

2. 直接カード会社に申請して利用限度額を上げてもらう。

上記1.でご説明しているように延滞なく、そこそこの利用額がコンスタントにあるのでしたら自ら申請してみる方法もあります。

 

但し、少なくとも1年は利用実績がないと申請しても断られる可能性が高いと思います。

 

申請方法はインターネットで出来る場合が多いですが、なければ直接カスタマーセンターに電話して申請してみて下さい。

 

3. 一時的に利用限度額を上げてもらう。

旅行や冠婚葬祭、引越し等で利用限度額を超えそうな場合は一時的に利用限度額を引き上げる事が可能です。

 

その際は事前にインターネットもしくは電話で申請になりますが、増額、使用用途、増額期間等を聞かれます。

 

実は私、昔マイホームに引っ越した際に家具や電化製品などを一気に購入した為、当時JCBゴールドカードで利用限度額が150万円だったので限度額を超えてしまい使えなかった事があります。

 

このときは複数ゴールドカードを保有していたので事なきを得たのですが、ちょっと恥ずかしかったですので、みなさんは是非気をつけて下さいね。

 

4. ゴールドカード等の上級カードに変更する。

ゴールドカードは利用限度額が申し込み初期から100万円以上と高額に設定されているものが多いですので一時的な高額利用に備え審査が厳しいですが保有出来るのでしたらしたいですね。

 

ゴールドカードは年会費も高いですがその分付帯サービスやポイント還元率なども充実しているのと、やはりステータス性が違いますよね!
※ステータス性については”プレミアムカードを保有する意味”で詳しくご説明しております。

JCB Maniaカードランキング