JCB

クレジットカード 初級編

クレジットカードのしくみ

クレジットカードのしくみを簡単に説明いたします。

 

クレジットを訳すと「信頼」とか「信用」になります。

 

その訳通りクレジットのしくみは信用から成り立っているのです!

 

クレジットカードのしくみ

 

@消費者は欲しい商品をお店からカードで購入します。
  但し、この時点では実際にはお金は動いていません。

 

Aカード会社はお店に商品代を立て替えし支払います。
 この際、お店はカード会社に立て替えしてもらう為の手数料を支払います

 

Bカード会社の請求日(口座引き落し日)にお金を支払います。

 

このようにカード会社はカード保有者を「信用」して立て替えを行いますので「信用」出来る人なのかをカード申し込み時に審査するのです。

 

また、カード会社はAで発生したお店からの手数料で儲かる仕組みになっています。

クレジットカードで支払う方法

翌月一括(1回)払い

商品などを購入した翌月に一括して支払う方法です。
一般的にほとんどのクレジットカードでは手数料は掛かりません
1万円の商品などを購入にした場合、翌月に同じ1万円だけを支払えばよいわけです。

 

ボーナス一括(1回)払い

商品などを購入した次のボーナスで一括して支払う方法です。
この方法でも一般的に手数料は掛かりません
ボーナス支払い時期はカード申し込み時に事前に設定し、通常は夏は7月か8月、冬は12月か1月に設定できます。

 

分割払い

利用の際、商品等の金額等を考慮して、支払回数、月々の支払額を決めて支払う方法です。
支払回数を多くすれば、月々の支払いを少なくすることができます。
支払回数を少なくすれば、月々の負担は多くなりますが、支払いを早く終えることができます。
なお、利用金額や支払回数に応じた手数料がかかります

 

リボルビング

買い物の回数や金額にかかわらず、毎月ほぼ一定のペースで無理なく支払う方法です。
月々の支払金額を一定額または支払わなければいけない「残高」に対する一定率に決めておき、その額を支払っていく方法です。
毎月の支払額の負担が少ないですが高額商品を購入した際には支払い回数が増える事により手数料も増えますのできちんと理解した上で使う必要があります。

利用限度額

クレジットカードには『キャッシング枠』と『ショッピング枠』の2つがあります。

 

キャッシング枠とは1ヶ月に借り入れ出来る上限枠の事でこの上限金額までだったら借り入れ出来る事になります。

 

ショッピング枠とは1ヶ月にショッピングで使用出来る上限枠の事でこの上限金額までだったらショッピング利用が出来る事になります。

 

そして、これら2つを合算したものを『利用限度額』といいます。

 

クレジットカード利用者はその設定された利用限度額の範囲内で自由にカードを利用することができ、設定限度額を超えてしまうとカードは利用出来なくなります。

 

例えば、利用限度額を50万円でキャッシング枠の上限額を20万円だとします。

 

例1 :キャッシング枠20万円の借入れの場合、ショッピング枠は30万円まで利用可能となります。
例2 :キャッシング枠10万円の借入れの場合、ショッピング枠は40万円まで利用可能となります。
例3 :キャッシング枠0円なら、ショッピング枠は50万円まで利用可能となります。

 

 

一般カードの場合は申し込み初期の利用限度額は30万円〜50万円程度に設定されている事が多く、
ゴールドカードの場合は100万円程度の初期設定で利用実績を積むと上限が300万円程度まで上がる事が多いです。
プラチナカードの場合は上限が300万円以上でなかには無制限なんてカードもあるようです。

 

ちなみに私が保有しているJCB THE CLASSは初期設定でなんと500万円でした。。。
試しに車を購入する際にカード払いでってディーラー営業マンに言ったら残念ながらカード払いは出来ないとの事でした。

 

まぁ〜車ともなると高額ですのでカード会社に払う手数料がバカにならなく利益を圧迫しちゃいますからね。。。

 

お店が支払うカード手数料についてはクレジットカード 上級編でご説明しております。

JCB Maniaカードランキング